犬の夏バテとは?症状と原因を知り解消と予防を目指しましょう!

体中毛におおわれている犬は、夏がとっても苦手。人間と同じように夏バテをしてしまいます。

ワンちゃんは言葉が話せないので、飼い主がすばやく体調を察知してあげることが大事です。夏バテの症状や原因を知って、愛犬の夏バテを解消しましょう。

Sponsored Links

犬の夏バテとは?

犬 夏バテ 症状 原因
汗腺という汗を出す器官がない犬は、夏がとっても苦手。荒い呼吸をして、体温を下げようとしますが、それだけではなかなか体温が下がりません。

やがて元気がなくなってきて、食欲もなくなってきたら、要注意です。

犬 夏 外での飼い方 熱中症対策 コールドミスト

夏バテの症状とは?

次のような症状が現れたら、夏バテをしている可能性があります。

・元気がない
・食欲がない
・寝てばかりいる
・下痢をする
・吐く

食欲がなくても、元気があればしばらく様子を見ていても大丈夫です。夏バテは熱中症とは違い、急激に現れるのではなく、徐々に現れます。

毎日様子を見ていてだんだん悪くなっているようであれば、病院へ連れて行きましょう。

夏バテの原因は?

何といっても、暑さが夏バテの大きな原因となります。毛の長い犬は20度前後、毛の短い犬は20度~25度が最適な気温といわれています。

急激な温度差も苦手です。たとえば、暑い時間にお散歩から帰ってきて、エアコンの効いた涼しいお部屋に入ると、それだけで体調を崩す原因になります。

夏バテ解消法は?

食欲が落ちてきたなと思ったら、次のような対策をしてみましょう。

・いつものドライフードにウエットタイプのフードを混ぜる
・いつもあげるドッグフードに好きなエサを混ぜてあげる
・食事の時間をなるべく涼しい時間帯にする

水分補給も夏バテ解消に役立ちます。

・いつでも新鮮なお水が飲めるようにする
・お留守番の時も、お水をたっぷり用意してからでかける

お散歩に行くときも、公園のお水を飲ませたり、持ってきたペットボトルのお水をのませたりしましょう。おやつに水分の多いスイカやキュウリを少しあげるのも水分補給になります。

夏バテ予防法は?

icon-check03エアコンの温度を25度から28度、湿度は60%以下に設定
エアコンをつけても、ケージの中に入れっぱなしは危険です。万一停電があったら、大変なことに。窓を開けておいたり、隣の部屋へ自由に行き来できるようにしておきましょう。

icon-check03日差しはカーテンでシャットアウト
ブラインドや遮熱カーテンを使うと効果が高くなります。

icon-check03ワンちゃん用冷却グッズを使う
ワンちゃん用のひんやりシートが販売されています。もしくはアイスノンやペットボトルにタオルを巻いて置いてあげてもいいですね。

icon-check03お散歩の時間を涼しい時間帯にする
昼間は気温が高いうえに、アスファルトも熱くてやけどしそうになります。早朝か、夕方~夜の涼しい時間帯にお散歩をしてあげましょう。

夏バテ豆知識

夏バテと熱中症は一見、症状が似ていますが違いがあります。
次のような症状が現れたら熱中症かもしれません。とりあえず体を冷やして、それから病院へ急ぎましょう。

・呼吸がハーハー荒い
・体温が高い

小型犬の体温は38.6度~39.2度ぐらい、大型犬の体温は37.5度~38.6度ぐらいです。39.5度以上は感染症などで発熱のおそれがあり、41度を超えたら脱水症状をおこす可能性があります。

・震えている
・ぐったりして、呼んでも反応がない
・おしっこがほとんどでない
・よだれをたらす・けいれんをしている

熱中症の症状は、夏バテとは違い急に症状が現れます。少しでもおかしいと思ったら急いで病院でみてもらいましょう。

まとめ

原因 犬 夏バテ 症状
家族の大事な一員のワンちゃん。ちょっとした暑さが命を奪ってしまうこともあります。苦手な夏が快適に過ごせるように、夏は特にこまめに体調をチェックしてあげて下さい。

愛犬の日課のお散歩も、酷暑にはちょっと辛いお出かけかもしれません。あんまり暑い日にはお散歩をお休みすることも必要です。ワンちゃんの体調を見ながらお散歩をしてあげて下さい。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする